読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資了解覚書(MOU)に署名

これまで議論がされてきたKAIのMRO事業が清酒に移転することがないかは、慶尚南道四川省の市民の懸念に終止符を打ち、泗川市は17日、国土交通省が発表した国家航空産業団地の造成を決定とともに、航空MRO事業も誘致になって名実共に大韓民国の航空産業のメッカであることを再確認した。 KAIの立場でも完済機と部品の生産基盤がすべて泗川市にあるだけ泗川市からMRO事業を行うことを投資費用が少なくても、航空機の生産部門と一緒に相乗効果を上げるという判断である。 この日締結された合意覚書でKAIはMRO事業推進のために泗川市に航空整備専門会社を設立し、慶尚南道と泗川市は事業推進のための産業団地少ない組成と今後の実務協議を通じた行・財政的支援など、企業活動に積極的に協力することにした。 ソンドグン四川省の市場は、覚書に署名した後KAIのMRO事業四川省の投資を積極的に歓迎し、地域の代表企業であるKAIが共存協力して共に成長する良いきっかけになると明らかにした。 泗川市は航空MRO事業の誘致と既存の航空機や部品の生産拠点に加え、航空MRO事業を行う複合航空産業クラスターとして発展することになる見込みである。